高齢妊娠するには?やるべきことと体験談

35歳以上でも妊娠したい。私自身の体験と妊娠した多くの女性の力を借りて運営しています。あなたの妊活生活にお役に立てることができますように♫

【スポンサーリンク】

妊活で一番大切なことは生活環境を整えることです

結婚歴は11年になります。

妊娠したいと考えたのは、結婚をして2年目になった時でした。

妊活期間は2年です。

 

生活リズムを整えたら妊娠できた

 

妊活をしたいと思ったのは、結婚をして直ぐに妊娠をすると思っていたところ、1年間妊娠をしなかったからでした。
そのときは、とてもショックでしたね。
妊娠をすることが、当たり前で自分も直ぐに妊娠すると思っていたからです。
しかし2年間妊娠をしなかったので、その時点から焦ってきたのです。

まず行ったことは、妊娠をしているほかの人にアドバイスをもらうことでした。
しかし、結果としては自分とほかの人とは違うということになったのです。
それは、ほかの人は直ぐに妊娠をすることができたからです。

そのため、病院を受診して検査を受けることにしました。
その時、私一人で検査を受けたのです。
主人は私が検査を受けた後に、受けてもらおうと考えていました。

そしてその結果は、異常なしだったのです。
その後は、主人と二人で病院を受診しようと考えていましたが、仕事が忙しくそのことができませんでした。
そんな時、医師から規則正しい生活をすることが、一番大切と言うことを聞いていたので、まずその事をきちんと行うようにしたのです。

そして主人と病院を受診しようと思っていたところ、なんと妊娠をすることができました。
そのときは、とても感激です。
その後も引き続き、規則正しい生活を送るようにしています。

 

妊活期間は焦り、妊娠期間は神経質に

 

妊活は、気持ちがとても焦ります。
そのことがとても辛かったです。

妊娠をしている人を見たり、テレビでもそのことについて見ることが辛かったのです。
そのときは、妊娠をすることを諦めているところがあったからだと感じます。

そのことから、逃げたい、楽になりたいと思っていたのです。
しかし、諦めることができずに行ったことは、とても良かったと思っています。

妊娠生活では、妊娠をしているということで、少し神経質になっていたところがありました。
ちょっとしたことで、神経質になって、病院を受診することがあったのです。
そして職場にも迷惑をかけることが多かったですね。
しかし、職場の人たちの協力もあって、その気持ちを支えてもらっていたと感じます。

妊娠生活では、いろいろな情報に振り回されていたと感じます。
サプリなど、良いと知ると直ぐに買って飲んでいました。

また運動なども行ったりして、その生活でよいということをなんでもしたい、そんな気持ちになっていました。
しかし、そんなことを考えたり行動したりすることで、とても疲れているところもありました。
そのため、妊娠をしたからと言って、そんなにこだわらなくても良かったと、今になって反省をしているところです。

 

現在は2人目を授かりたい。。。でも自然に構えてます

 

現在は、2人目を授かりたいと思って頑張っています。

現在は、仕事もパートにして、主人に頑張ってもらっています。

子供ができると、本当に可愛いです。

そして、この子供のために2人目を授かりたいと、そんな気持ちになっています。
2人目は、自然な流れでと思っています。

自然な感じと思うと、とても気分が楽になりました。

また、周りの人たちの協力や励ましがあるからこそ、妊娠できたと、とても感謝しています。
そのことは、一生感謝する気持ちでいます。
姑さんや、その他の職場の人たちが、こんなに一生懸命になってくれたと感謝しているのです。
人の暖かさを、この妊活を通じて、感じることができたのです。
そのことは、一生の財産になったと感じています。

妊娠をするということは、気持ちを保つことがとても大変です。
そんな時、人の励ましが一番嬉しいですね。

また、妊娠をした時は、飛び上がるくらい感動することができました。
子供が自分のお腹の中にいる、その映像を見た時、涙が出ました。
それほど感動をすることができます。
また、自分が妊娠をして出産を迎えた時、その後の育児をしている時、両親に対してとても感謝をしましたね。
それは、私と同じように喜び、頑張ってくれたと感謝しています。