読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢妊活・高齢妊娠のリアルな体験談を集めました

35歳以上の女性に妊活している、または妊娠して無事出産した体験談を書いていただいたものをまとめました。

【スポンサーリンク】

若くないけど頑張りたい妊活

結婚して15年です。

33歳の頃に授かりたいと思うようになりました。

妊活期間は8年になります。

 

基礎体温・生姜・病院のトライアングル妊活

 

先ず、基礎体温を測ることです。毎朝、起床前にどんなに面倒くさくても、休日でも、徹夜明けでも、必ず計ります。

そして、ショウガを積極的に摂取して、体を温めることにしています。

意を決して、婦人科へ行きました。

基礎体温表を記して、ドクターや看護師さんと一緒に、この日とこの日が良いですよ、等と相談をし、子宮内が正常かどうか検査をします。

更に、ホルモン剤を服用して卵子の成長を助けます。
卵子が良く育っているのかも、内診で確認するのです。

また、風邪等引かないように、妊活に入る前に、インフルエンザや風疹の予防接種を受けに行きました。

自分自身、産婦人科のお医者さん、看護師さん、内科のお医者さん、旦那さん、と沢山の人と協力をしました。

 

妊活は夫の協力が必要なことが意外と抜けがち

 

ホルモン剤卵子を育て、育っているのかを、婦人科の内診で確かめます。
そして、今日が、良い日ですよ、と看護師さんとも話し合います。

しかし、実際には、『疲れていて眠たい。』などという理由でそれはことわられてしまうのです。

「子供は欲しいけれど、医者には行きたくない。」と言う男。
そして、「うっかりできれば良いな。」と言う男。

母体は高齢であって、もう、うっかり妊娠などしないと言われているのです。
現実を見てほしかったです。自分だけが頑張っても、子供は出来ないのです。しかも、ホルモン剤は、太りやすい体を作ります。飲み続けるのは嫌でした。

せっかく卵子を用意しても、使われずに流れて行く卵子たち。一人の妊活は厳しい。しかし、男たちは、奥さんがこっそり妊活していた、という幻を夢に見ているのではないでしょうか。

 

赤ちゃん、来るかな?

 

夢ですね。家族が増える夢。赤ちゃんがやって来る夢を思い描きます。

道を歩いている時に、うっかり小さな子供ちゃんを見かけると、可愛らしくて、あたたかい目線を注いでしまいます。赤ちゃんを連れている母親には、進んで席を譲りたくなります。

赤ちゃんは女性の宝物です。中々やってきてくれないのですが、どんなに尊い存在なのか身に染みて分かりました。

欲しい、と思っても直ぐには出来ない。出会えるかどうかも分からない。今自分がこの世にいる事の不思議さ、母親の元で育った運命の不思議を考えさせられます。

昔、年寄の方が言っていた、子供は授かり物です、ということばがやっと理解できました。

もうすぐ四十歳になります。昔ならば、孫もいた年齢でしょう。最近は孫でもいいかな…と思えるようになりました。