高齢妊活・高齢妊娠のリアルな体験談を集めました

35歳以上の女性に妊活している、または妊娠して無事出産した体験談を書いていただいたものをまとめました。

【スポンサーリンク】

焦らずじっくりとタイミングを待つ

私は結婚7年目です。

結婚してすぐに妊娠を考えました。

 

妊活期間は4ヶ月ほどです。

 

病院で確実にタイミングを知ることで、妊娠成功

 

産婦人科に通い毎月排卵するタイミングをみてもらうタイミング法で挑戦しました。

妊活をする前から排卵しているかどうかは調べてもらっていたので、あとは排卵するタイミングだけを確認してもらいました。

 

仕事が忙しかったりすると排卵のタイミングがズレる事が多かったので自分でタイミングを見つけるのが難しかったのですが、月に二回病院では正確に調べてもらえるので安心していました。

年齢も35歳のときだったので、もしその方法で出来なかったら卵管造影検査をしようと病院で説明を受けて準備までしていたのですが、卵管造影検査の事を調べているうちに妊娠する事が出来ました。

タイミング法は一番最初に先生から進められる方法なので最初の方法で成功してよかったです。

 

妊娠期間はつわり・栄養失調・貧血に。。。

 

妊娠した時は仕事をしていたのでつわりが酷くても仕事に行っていたのが辛かったです。

そして年齢も35歳という事で羊水検査を受けるかどうかを決めなくてはいけなかったのですが、結果羊水検査はしない方向で進めていきました。

しかし、生まれるまで仕事を無理していたので胎児に影響がないのかなど心配はありました。

検査も受けないと決めていたけど無事に健康な子が生まれるか最後の最後まで心配もありました。

妊娠中はあまり問題もなく過ぎていったのですが、一番の問題はつわりの時期に食事をほとんど受け付けることができなくて、栄養失調になり数回点滴をうけて栄養補給しました。

そしてお腹が大きくなるにつれて貧血も酷くなってきたので鉄分も注射で補給してもらいました。

 

お腹の中で段々と成長していく我が子を実感

 

妊活中は本当に妊娠できるのか、もしかしたら相手に問題があるのではという考えもありましたが、妊娠した時の事を考えると楽しみでもありました。

妊娠してからは毎回検診のときに見るエコーでは、段々と頭や手、そして顔のまでもはっきりと分かるようになるとその写真をみるのが楽しみで仕方ありませんでした。

つわりの時期もその写真を見ながら乗り切る事が出来たのです。

妊娠すると体が思うように動かない時もありましたが、段々と一人ではないと実感してきて出産を早くしてお腹の子に早く会いたいという気持ちがドンドン出てきました。

お腹の子が大きくなり、蹴るようになり最初は違和感があったのですが、胎動を感じる事が出来るのは妊娠してる間だけなので毎日幸せを感じていました。