高齢妊娠するには?やるべきことと体験談

35歳以上でも妊娠したい。私自身の体験と妊娠した多くの女性の力を借りて運営しています。あなたの妊活生活にお役に立てることができますように♫

【スポンサーリンク】

35歳以上でも1年半で妊娠しました

私は現在37歳です。夫は38歳です。
結婚歴1年半です。

妊娠したいと意識したのは、30歳を迎えてからです。
そのときは仕事に夢中で子供も欲しいが、仕事を頑張りたいという思いがありました。
結局仕事に邁進しているうち問が過ぎて行きました。
当時は仕事の都合で週末婚でした。私が仕事優先してしまったことと、いろいろと事情があったのですが離婚という悲しい結果になってしまいました。
 
ただ、幸運なことに35歳で再婚できましたので、それから妊活をスタートしています。
妊活歴は結婚してすぐですので一年半です。

現在は無事妊娠し、妊娠五ヶ月、安定期に突入してほっと一安心しているところです。

ブライダルチェックを受けました

 私の妊活の具体的な方法は、一つ目は自分自身の体が妊娠する力を持っているかを知らなければと思い、夫婦で産婦人科に検査に行きました。
いわゆるブライダルチェックという検査です。
妊活を始めた頃はすでに「高齢妊娠」になりますし、子宮や卵巣の異常、性感染症は進行しないと自覚症状しにくいと知っていましたので、夫にも相談・了解を得て産婦人科へ行きました。
 
夫婦とも特別異常はありませんでしたが、やはり私は年齢相応のホルモン量と元々持っていた子宮筋腫の状況を確認することができました。ひとつショックだったのはクラミジアの既往歴があったことです。。。クラミジアに感染すると、卵管の繊毛がなくなり、卵が運ばれなくなるそうです(;´д`)
 
産婦人科のお医者さんの勧めでまずはタイミングで妊娠にチャレンジしました。排卵誘発剤も注射して、タイミングを取るべき日を指示して頂いたので良かったです。排卵誘発剤などの注射は平日のみでしたので、仕事との両立が難しくタイミング指導は、2周期受けました。
 
その後、半年はタイミングを試すように言われましたので、基礎体温排卵検査薬を使ってタイミングを取りました。しかし半年間のタイミングでは妊娠できませんでしたので、人工授精、体外受精の話をされました。
 
ただ、人工授精に関しては精子に何かしらの悪条件がある場合に有効で、夫は妊娠には影響がありませんでしたので選択には入りませんでした。
 
体外受精に関しては説明会に出席したのですが、注射や投薬などで時間が取られるため、仕事をしながらだと難しいと諦めました。後は金銭的な面です。お金が掛かりますよね。。。
 
迷っているうちに、結果的に自然に妊娠できましたので、幸運だったと思います。
 

基礎体温を測りました

 
二つ目は毎朝、目が覚めて起き上がる前に基礎体温を測ったことです。基礎体温は体の状態を正直に映し出してくれます。
 
例えば、排卵後に高温期が続いて欲しいと願っていても基礎体温が、がくっと下がると何日か後に生理が始まってしまいますよね。体調が悪く、熱っぽい時にはそれも基礎体温に出てきます。そして排卵期には基礎体温が下がります。毎朝測り、グラフにつけるのは慣れないうちは面倒ですが、そのうち日課になってきます。
 

体を冷やさない

三つ目は、体を冷やさないように気をつけました。冷えは妊娠を遠ざけると言いますので、食事や普段の生活スタイルで温めるようにしていました。

食事はなるべく甘い物を避けて、料理に使う砂糖はきび砂糖からてんさい糖に切り替えました。そして根菜類を毎食取り入れるようにしました。ただ、私は甘い物が大好きですので、お菓子を全く食べないのは却ってストレスになりますので、市販の食品添加物が満載のお菓子は避けて、なるべく自然素材のみで作られているお菓子、和菓子を選んで食べました。

妊活で大変だったことは、ゴールの見えないマラソンのように感じたことです。頑張ったからといって妊娠できる保証はなく、そうすると頑張る意味もあるのかと考えたことがあります。

夫とはもし子供に恵まれなかったとしても二人で楽しく過ごしていこうと話しました。でも私は内心諦めていませんでしたので、やはり辛かったです。他人の妊娠を素直に喜べない自分自身も嫌になりました。結局、大変だったことは妊活自体ではなく、気持ちの持ち様で苦労したと言った方が良いかもしれません。

現在の妊娠生活はとてもとても幸せです。前述したとおり、待ち望んでいた妊娠です。仕事も結構ハードですので、体調が心配ですが赤ちゃんを産んで育児生活に入れることで楽しみです。つわりは収まり、おなかがちょっとずつ重くなってきていること、全てにおいて幸せを噛みしめる材料となっています。