読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢妊活・高齢妊娠のリアルな体験談を集めました

35歳以上の女性に妊活している、または妊娠して無事出産した体験談を書いていただいたものをまとめました。

【スポンサーリンク】

妊活の経験でわかったこと。

結婚して13年になります。

結婚して5年目頃から妊娠を真剣に考えました。

妊活歴は3年です。

 

ステップアップしていくも、妊娠には至らず

 

私は34歳の時、妊娠を真剣に考え始めました。

最初は、主人と話し合い、本などから得た情報で、まず基礎体温を測ること、生理周期、排卵時期を把握できるようにすること、そしてタイミングを合わせることに取り組みました。

最初は、タイミングが合えば、簡単に妊娠できると思っていたのです。

でも1年が過ぎ、全く妊娠という兆候さえもありませんでした。

35歳になり、気持ちは焦り始め、不妊治療を始めました。

最初は検査ばかりです。

検査は、主人は精子の検査だけですが、女性は生理周期に合わせたりするので、時間がかかります。

全部の検査が終わったのは3ヶ月後くらいでした。

その間も、病院の指導でタイミングの時期を教えてもらい、続けていましたが結果は出ませんでした。

私たち夫婦の検査結果は、特に異常なしなのです。これが原因というのがなかったのです。

病院から人工授精を勧められ、4回ほど挑戦しました。

人工授精は、合理的に行いたいのでホルモン注射などしなくてはいけません。

病院や個人差はあると思いますが、私はホルモン注射を打ち続けてました。

不妊治療は、みえないプレッシャーや基礎体温などきちんとつけないと病院から言われたりと、面倒なことなどといったストレスで押しつぶされそうになります。

 

しかし人工授精でも授かりませんでした。

ステップアップしなくてはいけない状況になり、私は病院に言われるがままに従っていきました。体外受精にも挑戦したのです。

2回挑戦できましたが、授かることはできませんでした。2年という年月をかけて、全て治療を行いましたが、赤ちゃんはやってきませんでした。

 

仕事も不妊治療もやめた半年後の自然妊娠

 

妊活は、基本的に女性の生理周期に合わせて行います。

まずそれを軸に予定を組んでいくのが大変でした。

だいたいのスケジュールはできるのですが、絶対この日とか明確なスケジュールまでは無理です。

お互いに仕事をしていたこともあり、本当に予定調整がきつかったです。

主人は最初はなかなか理解できなくて、よく喧嘩もしてました。

基礎体温など、毎日の管理は必要だと思いますが、これが大きなストレスになってくるのです。

妊活中はずっと妊娠のことばか考えてしまい、いろいろなことに自分で制限をかけていました。

その生活に疲れて、不妊治療も仕事もやめてしまいました。

主人と話し合い、しばらくのんびりすればいいと言われたのがきっかけでした。

そして食事、自分の体のことを大事にする時間を過ごしていたのです。

そんな生活が半年くらい過ぎたころ、自然妊娠したのです。

始め妊娠とわかった時、信じられませんでした。

安定期になるころ、お腹が少しふっくらし始めた頃に、ようやく実感したのです。やっと解放されたという気持ちが大きかったです。

赤ちゃんが来てくれて嬉しいという気持ちもありますが、妊活から卒業でいたことが嬉しかったです。

私は妊娠中、胎児の成長には特に問題はなかったですが、1ヶ月続いたつわり、臨月になると食事ができなくなったりと大変なこともありました。

つわり時期は、ほとんど食べることができずに、貧血気味になり鉄分のサプリを処方してもらってました。

こむら返りがひどく、とても痛い思いをしてました。

 

辛い妊活を通して、自分自身を信じ、体を温めることが大切だと知りました

 

私は妊活から卒業して、妊娠生活を経て無事に出産することができました。

無事に出産までできたから、全て楽しい思い出にはなります。

でも、妊活生活は、本当に暗闇の中を生きているようでした。

明日は来るのかな?という気持ちで毎日過ごしていました。

いつも自分の存在を否定して、生きている意味がないと考えていたほどです。

でもそれでも妊娠したいという強い気持ちが、現在の生活を導いたと思っています。

妊活を通して、体のことについて勉強できたことに感謝してます。

スムーズに結婚、妊娠していたら、きっと今頃は感謝や人の気持ちを考えられない女性になっていたと思います。

辛いことを経験したからこそ、人の苦しみも理解できるようになり、それはそれで幸せな時間を過ごしたと思ってます。

妊活で得た教訓としては、不妊治療の前に、自分の体を知り、自分を愛すること、信じることが必要だということです。

そして、私の妊活からのもう一つの教訓は、体を温めることが、妊娠の近道だということです。冷えた体は、ホルモンバランス、免疫力、血行不良と全てマイナスなことになるからです。

妊娠生活は、命という思い責任を感じて、無責任な行動はしなくなりました。

命ということを考えられた時間です。

ほんの数センチしかない胎児が、一生懸命に動いている姿をエコーで見せてもらった時、人生の重みを感じ、生きている実感を得られました。

妊娠中はいつも体がポカポカしているので、何もしなくても不思議と幸せを感じてました。

胎動を感じた時、妊娠の醍醐味のような感じもしました。私にとって、辛いことも含めて全て今の自分を肯定できる経験だったと思ってます。

 

多嚢胞性卵巣症候群から始まった不妊治療、現在タイミング6周期目です。

結婚歴2年、夫も私も29歳の同い年夫婦です。

赤ちゃんが欲しいと思ったのは、結婚してすぐです。

妊活期間は結婚してすぐから始めていますので、結婚歴と同じく2年です。

 

不妊外来でタイミングチェック、鍼灸にも通い、生活リズムを整える

 

多嚢胞性卵巣症候群」という診断がすでにありましたので、自然には妊娠できないだろうと覚悟していました。

そもそも、結婚前の同棲期間から避妊はしていなかったのですが(その頃から妊娠希望だったので)、それでも妊娠に至らなかったので自然妊娠は不可能だろうと思っていました。

ですので、私がまず行ったのは、不妊外来で一通りの検査を受けたことです。

最初に行った病院は、産科・婦人科に併設されている不妊外来でしたが、血液検査による女性ホルモン値測定、感染症の検査、風疹抗体の検査、卵管造影検査などです。

その結果を踏まえつつ、自力ではスムーズに排卵が出来ない身体なので、排卵誘発剤を使用しながら卵胞を育て、経膣エコーで定期的に卵胞のサイズチェックをして頂き、医師の排卵予測に合わせてタイミングをとるという、いわゆるタイミング法で妊活をしています。

その他、仕事でボロボロになっていた身体を少しでも改善したいと思い、鍼灸院に通い始めました。

指摘されたのは「身体の冷え」と、圧倒的な「睡眠時間の少なさ」です。しっかりと健康な身体でなければ、妊娠・出産にはつながらないという先生の指導のもと、1ヶ月に2~3回ほど鍼灸治療を受けながら、家では腹巻やレッグウォーマー、毛糸のパンツなどを使用し、飲み物を常温か温かい物にして出来るだけ冷えを防ぎ、22時には就寝してしっかりと睡眠をとる生活を心がけています。

基礎体温の測定や排卵検査薬を使用した排卵日のセルフチェック、鉄分・亜鉛葉酸のサプリも続けています。

 

妊活で辛いことは仕事との両立と金銭面

 

不妊治療を続けていく上で一番大変なのは、私にとっては仕事との両立です。

幸い、夫が治療にも家事にも協力的なので、とても助かっていますが、職場で理解を得るのは正直なところ難しいです。

妊活の治療は突発的な事が多いです。排卵誘発の薬を数日間飲み、自己注射をし、いざ内診で卵胞チェックと思って仕事を遅刻・早退して病院に行っても、思ったように育っていなければ薬を追加してまた数日後に受診しなければなりません。

その度に、上司に遅刻・早退、場合によっては欠勤の申請を出し、周りの人に謝罪をし、その分フルで出られる日には出来る限り残業をして…と、身体的な部分よりも気持ちの部分ですごくストレスを感じてしまいます。

次に大変なのは、やはり金銭面です。排卵誘発の薬も様々ありますが、私は保険診療で賄える薬は効きが悪かったり、副作用が強く出てしまって使えないという理由があり、必然的に保険外の薬を使うしかない状態になっています。

数万円単位のお金が毎月出ていくので、夫婦二人でフルで働いていても、正直な所お金は常に厳しいです。

私は今、タイミング法6周期目に入っていますが、今回でダメなら次からは人工授精、それでもだめなら体外受精とステップアップしなければならず、それに従ってかかる費用も増えて行くので、それを考えると今からゾッとします。

これだけ少子化が叫ばれているのだから、「子供が欲しい」と切に願っている多くの女性に、もっと援助の手があってもいいのではないかと、いつも感じています。

 

夫の協力があってこその妊活です

 

妊娠に至っていないので、本当の意味で「楽しい、幸せ」と感じられる場面はまだ経験していません。

ただ、不妊治療を始めてから、夫と色々な話をするようになりました。

お金のこと、子供が出来なかった場合の将来のこと、今後いつまで治療を続けるのか、などです。

治療によって私がストレスを感じていることも、夫に原因が無いのに私の身体が原因で子供を抱かせてあげられず申し訳ないと思っていることも、夫は全部分かってくれています。

不妊治療はデリケートな話題なので、なかなか周りに相談もしにくく、ネガティブな気持ちを自分に向けてしまいがちになりますが、夫がその都度きちんと聞いてくれるので気持ちが救われています。

頑張って病院に通い、頑張ってタイミングを取って、それでも無情に生理は来てしまってもう嫌だ!となり、泣きながら「病院行くのやめたい」「子供なんていらない」と叫んだ事もあります。

そういう私の悔しさも、切なさも、辛さも、夫が全部受け止めてくれるので、それは私にとってすごく幸せなことだなぁと、しみじみ感じます。

治療費の足しに、と少しでも多く稼ごうと頑張って働いてくれたり、仕事で疲れて帰ってきても家事をしてくれたり、この人と結婚して本当に良かったなぁと思っています。

そんな小さな幸せを大切に、これからも妊娠に向けて頑張って治療していきたいと思います。